• 野田 綾

植物と会話する


  

  ずっとお会いしたかった、園芸療法家にお目にかかる機会を得ました。


  「植物と会話するのが好き」という言葉に

   同類(同志?)を見つけたような、うれしい気持ちに。




  以前、川の橋の上から愛でていた木々が

  行政の方針で切られてしまったとき、

  自分の身体の一部を失ったような気持ちがしました。



  今も、そこを通るたびに、

  胸の痛みを覚えます。



  そんな悲しみも分かち合える、仲間を得たような。




  その庭は、25年かけて、人を癒す場所になっていました。


レ・ラシーヌさんが育てたエディブルフラワーを添えたプレート


 いのちあるものは、いずれ皆、土に還っていくけれど、


 その土は、今あるいのちの根っこを支え、


 新たな命をも育んでくれる。


 

 


 土の香りと、草花と、


 美味しい食卓を分かち合える人がいること。




 

 だからこそ、わたしは、土の香りのする場所で、

 人をお迎えするサロンをひらいているんだ、

 と改めて気づかされました。



いのちを育む心とからだの土を耕す・・・



そんな一つの手に、わたしもなることができますように。

  

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 親子きずなサロン〜月とアロマと〜 2017          連絡先 tukitoaromato@ozzio.jp