top of page

本と香りの往復書簡、はじまります

更新日:2019年9月28日



いつまでも眺めていたいような

秋の空。



「今夜は晴れるから星をみてね」



違う場所で同じ空を見上げている家族から、



そんなメッセージが届きました。





昔大好きで観ていた「ハイジ」を思い出させる

オープニングの可愛らしいアニメと

すずちゃんの魅力に惹かれて観ていた


朝の連続テレビ小説「なつぞら」。



後半は、これまた

大好きな「大草原の小さな家」のモチーフも出てきて

心が躍りました。




自分が生まれた場所を大切にしながら、

新しい土地を耕していく。




「開拓」や「二番だし」のお話は、




仕事や環境に恵まれた故郷を離れて

誰ひとり知り合いのいない場所に住んで

そこでまた素敵な出逢いに恵まれた

自分自身ともどこか重なりました。




同じ薔薇でも、初夏と秋では、色合いや雰囲気が異なります



自分自身にとっての開拓。



それは、先週の

久保田泉先生をお迎えしての

専門家向けの講座主催もその1つ。





東京の「アロマテラピーの学校」という同じ学び舎で

学び、今も共に学ばせていただいている

盛岡のアロマセラピスト、

渡邉佐知子さんのサポートのお蔭で、さらに

青森のセラピストさん達との素敵な出逢いに恵まれました。




そして、お互い、


「本」というキーワードでも結ばれた






往復書簡や、連詩、という私の言葉を

とても喜んで受け取ってくださったばかりか、





まるで序章のように、



「穏やかであたたかくて、そしてまっすぐな光が差すようで、

 実り多いあっという間のひとときでした。」



という言葉を届けてくださり、

(「月とアロマと」初めての、専門家のための講座、

  久保田先生講座のご感想。ご本人のご許可を得て掲載)




その光はまるで、


かわいいアロマひつじやさんそのものと感じました。




🌿 ひつじやさんのブログ


すきとおった風【安全性の講座@盛岡に参加して】


『本と香りの往復書簡』




🌿



私からの最初の本は、



ポールギャリコの 『雪のひとひら』(矢川澄子 訳)




中学の終わりか高校の始まりの頃に出逢ったポールギャリコは、


既に、とっくに故人ではありましたが、



出逢って以来、

ずっと心の中の恋人のように思っていました。





『雪のひとひら』の香りは、



フランキンセンス、ミルラ、北海道モミ

そして・・・ 


八戸の素敵なセラピストさんからの贈り物

南郷の2019年産ラベンダー




透明な、サンフラワーオイルに1滴ずつ。








同じ香油を2つ作り、


1つはひつじやさんへお贈りし、


もう1つは自分の手元に。




思えば、



「穏やかであたたかくて、まっすぐな光」



は、『雪のひとひら』の世界



そのもののようにも感じます。






「雪のひとひらには


 わからないこと、知りたいと思うことがたくさんありました」



という姿に自分を重ねて、






翻訳者の矢川澄子さんとは、



他ならぬ、


この『雪のひとひら』の感想を送って、




お茶の時間をご一緒した思い出があります。




矢川さんは、

ヨハンナ・シュピーリの『ハイジ』原作の

翻訳者でもありました。




🌿



大きな、

立派なこと



ではなく、



むしろ、



小さな平凡に見える、


慎ましやかな人生を



わたし自身は愛していて、




『雪のひとひら』を 往復書簡のはじまりにできることを



この上なく幸せに想います。



閲覧数:136回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page