ベビーマッサージのオイル、何が良いでしょう?



  ベビーマッサージをする時に、どんなものを使ったらいいでしょう?

  自宅にあるベビーローションでもいいでしょうか?



  というご質問をクラスで頂くことがあります。


 


  講座内でも直接お答えしましたが、

  ブログでも私個人の考え方を述べさせていただきますね。



サロンの夏のお庭。ピンクのお花はエキナセアです。




  基本的には、ベビーマッサージにおいて


  赤ちゃんもご機嫌で、お肌も良い感じで、

  触れるママやパパも、気持ちいい、と思えるものなら



  自分が良い、と心(からだ)で思えるものなら、

  なんでも良い


  と私は考えています。



  「これを買わなくちゃできない」



  とやらずにいるのが一番もったいないですので、


 

  何もなくてもできます、とお答えしています。


🌷


  自分自身の存在と、赤ちゃんの存在。



  「お互いが共にいること」。


   これが私にとってのベビーマッサージの定義です。


🌹



  笑顔で優しく、自信を持って触れてあげる。



  それが一番、心と肌への栄養になります。

  


  お家にあって、赤ちゃんも喜んでいるものがあれば、

  それで触れてあげてください。



  寒ければ、はだかんぼうにせずに、

  ただ洋服の上から撫でてあげるのでも、赤ちゃんは喜びます。





  その親子にとって、


  何が良くて、何が正しいかは



       本当は、


 いちばん、その親子自身が知っている。



 頭じゃなくて、からだが知っている。



 私は、そんな風に

 その方の身体の声を信頼しています。







  教科書や、科学的なデータよりも、



  目の前の赤ちゃんの表情、肌の様子、気持ちよさ

  そして、ご自身の内側から感じる動物的な勘。



 これが、いちばんの目安になります。

 




 基本的には、


「100%天然でピュアな植物オイル」で

  食用ではなく、お肌用のオイルが良いと言われています。


 食用のものは、味や香りを大切に精製されますが、

 お肌用のものは、美容や使用感など、塗布することを前提に精製されます。



 クラスでは、トリートメント用の

 オーガニックのサンフラワーオイルやホホバオイルなどを

 用いています。 




 個々の植物オイルのパワーについては

 植物療法としても深いテーマですので、

 また別の機会にゆっくりお伝えしますね。




 天然のものであっても、

 肌に合うかどうかは個人差がありますので、

 パッチテストをしてからはじめます。



 腕の内側の柔らかいところに少し塗ってみて、

 赤くならないか確認してから行うと安心です。


 パッチテストも問題なく、

 使い続けてみて、お肌がますますいい調子だな、

 自分自身も気持ちいいな、と感じたら

 そのオイルを使ってみてくださいね。



 クラスで用いている植物オイルは、

 親子でお顔から、髪の毛、爪に至るまで、

 全身の保湿やスキンケア、お手入れに使えます。

 



 鉱物油は 

 分子量が大きく、毛穴を塞ぐ性質があるので、

 トリートメントにはオススメされませんが、