【6月*産院でのタッチケア】草花のリースづくり



毎月、第4月曜日の14:00〜15:00 は

みうら産婦人科医院にて、感染対策がとられた上で

タッチケアのクラスが開催されています。



1時間のクラスの中で、

前半は、ベビーマッサージ

後半は、草花の自然に触れる時間。


植物の力を借りて、親子でホッと楽しめるひとときになりますように🌱



今月のおはな🌸


私自身がベビーマッサージに触れてから、気づけば17年目になりました。


10年くらい前の、地域のお教室での写真



お教室のお供にあったお人形さんもすっかり年季が入り、

洗っても、まつげが抜けてしまったり、

そろそろ2代目が必要かなあ・・・と





新しいお人形さんを専門のお店でお頼みすることに。



1つ1つ手作りで、

生後3ヶ月の赤ちゃんとおんなじ体重の赤ちゃん人形です。




夫婦でもし、あともう1人授かったら、「ひかり」と名付けたかったね

と話していたことがあり



いつの間にか、我が家で「ひかりくん」と呼ばれて可愛がられています。





子育ての中で、「触れる」ツールを持つ、ということは


本当にとっても大きな助けになる、と体験から感じます。




日常の中でも、

抱っこや授乳でたーくさん触れ合っているお母さんと赤ちゃんですが、




こころで繋がり合うことを目的に、大切にタッチケアしていく時間は

本当にかけがえがありません。




もう大人への階段を上り始めている娘達も


ベビーマッサージの時の楽しさを覚えていて、



疲れたり、触れてもらいたい時は、10代になっても



「ママ、マッサージして」と、頼んできます。



触れると、「ああ、随分頑張っているな」とか言葉にしなくても


いろんなことが分かり合え、



こどもも、「理解してもらえている」安心感から


みるみる元気になっていきます。





赤ちゃんが泣いても大丈夫。


「ちょっと前までは、うちもそうだったよ〜」


数ヶ月違いの先輩お母さんの優しい励ましも心強く、


みんなで一緒に子育てしている気持ちに。



そう、どこの子も、みんなにとって大切なこども達だから・・・



🌱


後半のリース作りは、0歳の赤ちゃんと一緒でもできる簡単なものを。



月あそびやお花のレッスンでお世話になっている


Salon de Ohana 先生からにもアドバイスや励ましをいただき


まあるいリースは時間がかかることに気づくことができ、



色々考えてあれこれ試作した末に・・・


簡単に可愛らしくできる


バック型のリースにしてみました✨





当日は、月とアロマとのお庭から、


摘みたての草花を。