【久保田泉先生ゼミ発足!】クリニカルアロマテラピー読書会始まりました



 自然療法の学校&サロン

親子きずなサロン〜月とアロマと〜にて、



月1回、

県内外のアロマセラピストの専門家が集い、

学び合う会が始まりました。



名付けて、「久保田泉先生ゼミ」。




目的は、自分自身と目の前の方の安全を守れるよう、

セラピストの専門性を深めていくこと。


セラピスト同士、横のつながりを大切にして、

信頼しあえる関係を築いていくこと。



1人では読みにくい専門書や、国内外の論文、事例を持ち寄り、

最新の情報を分かち合ったり、学びを深めていく場にすること。






きっかけは、今年9月に


精油の安全性を考える会を主宰していらっしゃる

久保田 泉先生を盛岡にお招きして、

みんなで勉強会を行ったのが始まりでした。



所属や協会を超えて、

一人ひとりが自身の現場で、

真摯に目の前の方に向き合っているプロフェッショナルです。



何よりも、


「ホリスティックに生きる」 を体現されていらっしゃる


久保田先生の存在と、ご参加者同士の化学反応で、



本当に豊かな時間でした。




🌿その時の模様はこちらのブログ

https://www.noda-aroma.com/post/【久保田泉先生をお迎えして】精油の安全性をテーマに専門家同士がホリスティックに繋がる




この時に



「専門家同士が語らいながら専門性を深める時間、

 これからも作っていきますね 」



と締めくくりましたが、



早速、今回が、その第一弾です。





臨床家であり、博士でもある

ジェーン・バックル氏による『クリニカル・アロマテラピー』。



オーストラリア、日本、オランダ、トルコ、イギリス、アメリカの

それぞれの専門分野の教授や専門家によって

初めて完全に査読された

エビデンスに基づく臨床アロマテラピーの本です。




バックル博士の臨床アロマテラピープログラムは

アメリカ、イギリスの多くの病院に取り入れられています。





この本をテキストに、


ゼミ生で、各章を担当し、進行します。



読み終えたら、東京からはるばる




久保田泉先生がいらしてくださる、ということで



はりきって、初回が始まりました。




心の中に光が灯ります






第一章は私が担当。




ただ本とにらめっこするのではなく、


感じたり、味わったり、


あそびの要素を交えながら、ホリスティックに理解を深めていく時間に。