【ありたい世界、生まれた】アロマセラピスト自主勉強会 第3章をおえて




精油の安全性を考える会を主宰されている久保田泉先生を

親子きずなサロン〜月とアロマと〜にお迎えして

アロマセラピストの学びの会が行われたのは

新型コロナウイルスが流行する前の2019年の9月の秋晴れの3日間。




忘れられない夕方のお散歩タイム




当日は、県を超えて、

プロフェッショナルのアロマセラピスト達が集まりました。



その学びの会実現のため、


見えないところで

仲間のセラピストさん達が、


「目の前のお客様と、セラピスト自身の安全を守る」

「安全で安心の、楽しいアロマを伝える」ために

尽力してくださっていたこと


知れば知るほど、改めて胸がいっぱいになります。



🌙



久保田先生が東京へお帰りになってから、


「精油の安全性を学び続けよう!」と集まった有志で


『クリニカルアロマテラピー 第3版』

(ジェーンバックル著・フレグランスジャーナル社)をテキストに


各々が章ごとに発表を担当し、


無事読み終えたら、先生を再びお迎えしようと


自主勉強会、名づけて〜久保田泉先生ゼミ〜を立ち上げました。



🌙


コロナ前は 県内外から月とアロマとに集まり





第一章を終えたときは、嬉しくて、上京して

先生にご報告し、アドバイスをいただきました。








 新型コロナウイルスが日本に上陸し、

 緊急事態宣言が出た2020年4月からはオンラインで、


 なんと、久保田泉先生も一緒にご参加下さることに!!!


 

第二章発表のさちこさん、画面上で桜と音楽を一緒に分かち合って下さりました✨



そして、第三章は、青森でアロマフェア八戸を主宰していらっしゃる

お二人が担当して下さりました✨



本と香りの往復書簡でも喜びを紡ぎあえる存在、

かわいいアロマひつじや の小松美央さん


以前、ブログにもご紹介しましたゼミ通信や

月とアロマとのカルテや葉書のデザインなども色々助けてくださっています🍀


そして、もうお一人は、


思わず、月とアロマとの中で、

「優しさはどこから」という詩が生まれた

温かさでいっぱいの、

ゆったりアロマ 山口ゆきこさん


勉強会で、可愛く包装された柚子の精油をみんなに送ってくださったり、

ゆったりとした語り口、優しい佇まい

「セラピスト、ってこういう方のことを言うんだな」

と納得するような、

存在するだけで芯から癒され、心から尊敬する

本当に素敵なセラピストさんです🌸


アロマフェア八戸さんは、


コロナ禍では、少しでも明るい灯火を、と アロマフェアat homeを企画され、

私も参加させていただきました。


コロナ禍で、少しでも明るい気持ちに、とat home も企画


こんなふうに、地域のセラピストさんと繋がれたら、